三河湾に浮かぶ離島、佐久島(さくしま)。

近年では島の至る所に、アート作品が点在し多くの
方が島を訪れます。

その島で今年、農作物作りにチャレンジしている,Oさんが、
先日お越しいただいた時、佐久島のHPを見ると、ある情報
に目がとまりました。

【8月16日 筒島辨財天祭典】

佐久島の東港側にあり、今は防波堤により陸続きとなっている
筒島(つつしま)に、古くから弁財天像がまつられており、その
祭礼があるというのです。

そのご本尊は秘仏であり、12年に一度、巳の年には御開帳
されるとの事。

そして、その祭礼日だけ御朱印が頂ける。

ということで、本年は巳年ではありませんが行って参りました!

佐久島は、一色町のさかな広場前から渡船が出ており、
15分ほどで到着します。

佐久島 筒島辨財天祭典

 

 

 

佐久島 筒島辨財天祭典

佐久島から、筒島へはこの防波堤上を歩きます。

【日本七体辨財天】

この碑の裏面には、日露戦争戦勝記念と刻まれていました。
ですから、明治時代の日本七体辨財天の残り6カ所が、
どこであるのかは不明です。

 

佐久島 筒島辨財天祭典

 

佐久島 筒島辨財天祭典

佐久島 筒島辨財天祭典

佐久島 筒島辨財天祭典

祭礼は10時からという事でした。

私たちは15分ほど前に到着したのですが、境内には
受付などをされている氏子さん以外、ほとんど人は
いませんでした。

通常は閉まっているという、拝殿に上がらせて頂き参拝
をさせて頂きました。

弁才天様がまつられているお社は、その扉が開けられて
いますが、その前に御簾が掛けられており、そのお姿を
拝することはできません。

僅かに、台座の部分を拝する事ができ、それだけでも
ありがたく手を合わさせて頂きました。

すると、受付におられた氏子さんが来られて、

【下から少し覗いていいですよ!】

と仰って下さったのです。

室町時代作と言われる、ふくよかで美しいそのお姿に
感動しながら、再度手を合わさせて頂きました。

そのお姿を撮影することは勿論できません。

ですが、こちらが拝殿内に飾れている弁財天様の画像を
撮影したのものです。

佐久島 筒島辨財天祭典

頭部に小さく宇賀神が乗り、鳥居を構える、
竹生島宝厳寺に坐する、宇賀弁天座像に
通じるものがあるようです。

この弁天様には、こんな由来があるそうです。

佐久島弁天
⑴ 一色の民話
一色町閉町記念誌「一色の心」発行、平成23年3月「佐久島の弁天さん」
で、以下のように記載されている。
古くから島の人たちに崇敬されてきた、佐久島の弁天堂に祀られる弁天様。
おだやかな微笑を浮かべるお顔からは想像がつかないような、不思議な言い伝
えが残っています。
ずっとずっと昔の話。佐久島のはずれにある筒島に、澁谷九郎と名乗る男が
10
人里離れて、ひっそりと暮らしていた。駿河浮島ヶ原の戦いに敗れた武田軍の
一人じゃないかということだった。
ある日、食べ物を探して雑木林の中をさまよい歩いていた九郎は、古ぼけた
お堂の前を通りかかった。お堂の中をのぞきこんだ九郎は、あっと大声を上げ
た。「弁天さんじゃ!」目鼻立ちの整った、きらきらと輝く大きな目の美しいお
顔で、優しくほほえんでいた。人恋しかったこともあって、九郎はいっぺんに
弁天さんに夢中になった。
それからというもの、雨が降ろうが、風が吹こうが、弁天さんに会うために
お堂に日参した。「ああ、なんと美しいお人じゃ」九郎の弁天さんへの想いはつ
のる一方だった。ある日のこと、九郎の心にある不安がよぎった。「俺の弁天さ
んを人に知られたら、とられてしまう」一度不安になると、いてもたってもい
られなくなった。
「弁天さんは俺のものだ!」思い詰めるあまり、九郎は刀を抜いて、弁天さ
んの美しい大きな目をえぐり取ろうとした。その時だった。弁天さんの右目か
ら血がほとばしり出た。抑えてもぬぐっても、その血は止まらない。驚いた九
郎は我に返った。「お許しくだされ。弁天さんの血を止めてくだされ。」必死に
願い叫んだが、急に胸が苦しくなり、苦しみながら息を引き取ったということ
だ。
この弁天さんをお参りした人は、お顔を見て「右目の下に泣いたような筋が
みえるがや」「弁天さん、涙をこぼしとらっせるぜ」などと語り草にするが、こ
れは、かつて吹き出た血の跡ではないかということだ。

その後、住職様が来られてご祈祷、祭礼が始まりましたので、
恐らくそのお姿を拝する事を許されたのは、私たちだけ
だったのではないかと思います。

境内には、とぐろを巻いたその上部に老翁や女性の
頭部を冠する、異形の宇賀神をまつるお社も御開帳
されておりました。

佐久島 筒島辨財天祭典

 

 

今年、特に弁財天様との強いご縁を頂いている中で、こうして
そのお姿を拝させて頂けたことに、唯々感謝しかありません。

どうか皆様にも、画像を通して神々様のお力が
届きますように!!

 

☆1年に一度の御朱印、なんとカラーコピーでした(笑)☆

こんなほのぼの感も最高の、筒島、佐久島でした!

Oさま、ありがとうございました!!

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆

まだまだ暑い日が続いて参ります。

どうか皆様も,適宜水分補給をされると共に
体調管理には十分に気を付けられて下さいませ。

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆

☆2017年:参拝の旅のご案内☆

現在、下記の通り予定をしております。

又、その他にも随時追加するかと思います。

それぞれの旅の詳細につきましては、今しばらく
お待ちくださいませ。

市川海老蔵:金峯山寺奉納舞踊公演
☆9月18日(祝:月)☆
市川海老蔵:金峯山寺奉納舞踊公演&弁財天:水神様とのご縁の旅(キャンセル待ち)

 

弁財天様の縁日に、竹生島
☆10月9日(祝)☆
弁財天様の縁日に、竹生島参拝の旅(キャンセル待ち)

 

物部神社鎮魂祭&出雲
☆11月23日(祝)深夜発~25日(土)☆
物部神社鎮魂祭&出雲の神社三昧の旅(キャンセル待ち)

 

出雲大社:神在祭&サムハラ神社奥宮
☆12月1日(金)深夜発~3日(日)☆
出雲大社:神在祭&サムハラ神社奥宮の旅(キャンセル待ち)

御都合の合う方は、是非ご一緒に参拝
致しませんか?

ご興味のあられる方は、下記の応募フォーム
からメールを送信下さい。

現在、仮予約を承っております。
送信フォームは右こちらからお願い致します!

また、既に御同行のご希望の方がおられる
ため、場合によっては、車の関係上
お断りするケースがあるかもしれません。

その際は、ご容赦下さいますよう宜しく
お願い申し上げます。

 

☆いいねを頂けると嬉しいです☆






☆皆様の一年が光り輝くものでありますように!☆

本日もお読み頂き、ありがとうございます!

今日も、明日も、心に笑顔が灯ります様に!

今日も、明日も全ての存在に素晴らしき光と温もりが届きます様に!

明日は今日よりももっと大切なものが見つけられます様に!