豊橋市で心理カウンセリングやスピリチュアルカウンセリングならカウンセリングルーム天使の和 愛知県 浜松市 豊川市 名古屋市

美保神社

鎮座地  島根県松江市美保関町美保関608

主祭神  事代主神・三穂津姫命

右手に釣竿、左手に鯛を抱えたお姿のえびす様の事は、ご存知でしょうか。

えびす様は豊漁をもたらす神様として、また航海安全の神様として港の近くに多くまつられました。

このえびす様こそ、美保神社の御祭神

事代主神(ことしろぬしのかみ)様

なのです。

美保神社は事代主神系列の「えびす様」の総本宮です。
(「えびす様」には、他に西宮神社を総本宮とする
蛭子神系列がある。)

事代主神様は、出雲大社に祭られている大国主神様の御子神と言われています。

古事記には、建御雷神様が大国主神に対し、国土の明渡しを要求した時、その判断を一任された神様が
事代主神様で、その時は美保に釣りに来ていたと記されています。

このことが大漁をもたらす神様の由来です。

また大国主神様とのご縁から、出雲大社と対をなす意味でも、古くから

「出雲大社だけでは片参り」

と広く信仰されています。

松江からおおよそ45分、島根半島の海岸沿いを走ると美保関港という小さな漁港が現れます。

そのすぐ真横に美保神社は鎮座しております。

ここは、私の大好きなシンガーの

角松敏生さん

も崇敬されており、以前、境内で何曲かご奉納されております。

ご奉納者氏名欄に、その角松さんのお名前も見つける事ができます。

本殿は大社造の社殿を2棟を横に並べたもので、「美保造」と呼ばれ重要文化財に列せられております。

周りを山で囲まれ、中央に鎮座する本殿には、威風堂々とした壮大さと、なにか優しさを感じさせます。

まさに、えびすさまの堂々とした体躯と、あのどこまでも優しい笑顔がそこにある様な感じを受けるのです。

私は、この美保神社は特に好きな神社で何度参拝させて頂いたのか分かりません。

恐らく、20回は超えているかと思います。

最初に参拝させていただいた時には、落馬して左手の肘を骨折していました。
(個人的に色々とあった時で、左ひじをギブスで固定しながら運転したものです(笑))

どうしても美保神社に行きたくて、道中は不思議なくらいわくわくしっぱなしでした。

そして、美保神社に到着し、参拝を終えるとこのような言葉を頂いた(聞こえた)のです。

「腕くらい、わしが治してやろう」

その後、確かに、医者も驚くほど早く回復したのです。

まさに事代主様からのご加護を頂いたのです。

それからは、毎年欠かさず参拝させて頂いております。

そこには、変わらぬ、優しいたたずまいの神様がおられます。

出雲大社に比べれば、参拝される方も多くはありません。

しかし、出雲を訪れるならば、一度はご参拝頂きたい神社です。

☆彡参道で売られている、イカは絶品です。是非ご賞味ください☆彡

お気軽にお問い合わせください TEL 090-6464-3294 受付時間 9:00 - 21:00 【火曜定休】

PAGETOP