明けましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になり、
誠に有り難うございました

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今年のスタートも例年通り、氏神様参拝から
お墓参り、豊川稲荷参拝そして、6時から
執り行われた、砥鹿神社の歳旦祭参列、
その後、水神社、湊神明社、東田神宮参拝
をさせて頂きました。

例年、1日早朝の豊川稲荷はかなり混雑する
のですが、それほどの人出もなく門前町も
静かなものでした。

砥鹿神社では、お祓いをして頂いたという感覚
ではなく、清めて頂いた、そう感じました。

そんな中で、昨日頂いたテーマである、

【放】

をもとに、しっかりと宣言をして参りました。

砥鹿神社の後に参拝させて頂いた神社も、
人影もまばらで、又道路の混雑も全くなく、
静かな年のスタートを切らせて頂きました。

宮司様も仰っておられましたが、平成という年が
1月1日から12月31日まであるのは、今年で
最後となります。

来年は天皇陛下の退位に伴い、元号も平成から
変わります。

それにより、様々な世界において、大なり小なりの
変化がもたらされるはずです。

今年の一文字として、

【放(はなつ)】

という字をあげさせていただきました。

それは、

【自分の外側にも目を、心を向けてみましょう】

という事です。

それが、来たる大きな変化に対応できる強力な力
となるはずです。

そう向かう自分であることを宣言をするための、
良きお参りを皆様もなされて下さいませ。


【三河一宮 砥鹿神社】


【水神社】
初めて拝殿内を拝見し、参拝させて頂けました。