東海地方でも梅雨入りしましたね。

これからの時期、特に大活躍してもらわなければ
ならないアイテム、

それは、

【エアコン】

命を守るためにも必須アイテムとなっているこの
機械ですが、一歩間違えれば健康を損ないかねない
危険な細菌兵器と化すと言っても過言ではないかも
しれません。

長年エアコンを使用していると、そこから悪臭が
漂ってきませんか?

よく見ると、小さな黒い塊のようなものが飛んでくるかも
しれません。

どうやら、その正体は、カビの様です。

よくホームセンターなどで、エアコン洗浄スプレーが販売
されており、私も毎年使用していますが、さほど効果は
感じられません。

ですから、今年は少し本格的なエアコン清掃をする事に
しました。

大量の水を使用するため、しっかりと電装部の防水対策を
しなければなりませんし、パーツを外さなければいけないので
自信のない方は、専門業者にお願いした方が無難だと思います。

画像に見える小さな黒いものが、カビなんですね。

市販のエアコン洗浄スプレーでは、この部分に洗浄成分を
吹き付けます。

しかし、私の感覚では全体の20%も除去できないような気
がします。

一番の問題は、風の吹き出し口の奥にある、

黒いローラ―の様なパーツに張り付いている黒カビです。

少し画像が荒いですが、実際恐ろしいほどに汚れています。

そのカバーや、通風口にあるパーツを外さないと現れません。

この部分を、綿棒で少しこすってみると、

この様に、もう何もかもが嫌になるかのように黒カビが
こびり付いているのです。

綿棒でこすっても、黒カビ除去率は40%くらいでしょうか。

ですから、専用の洗浄液などを使用します。

そこから排水された水を見ると恐怖さえ感じてしまいます。

洗浄を終え、しっかりと水を流すと、

明らかに黒い塊は除去できました。

洗濯機もそうですが、どうして簡単に洗浄出来る様な
設計が施されていないんでしょうかね。

機械ものは長く使用してもらっては困る力が働いて
いるのでしょうね。

ただ、こうして自分で清掃してみると様々なお店に行った
際、そこのエアコンの状態が気になります。

あるお店に食事に行き、エアコンの風がちょうど当たる
席に案内されたとしましょう。

そのエアコンをよく見て外側が汚れていたとしたら、
おそらくその内部には、驚異的な黒カビが発生している
事でしょう。

ほとんどそれらは見えませんし、料理にかき消されて、
臭気さえ感じられなかったとしたら、知らない間に黒カビ
が呼吸と共に体内に入り込む事になるわけです。

自宅も勿論ですが、店舗においてはしっかりとしたエアコン
の清掃管理責任もあるのではないかと思います。

逆に言えば、

【当店は、定期的にしっかりとエアコン洗浄を行っております】

と謳う事もアピール材料になるのではないかと思います。

店舗でよく見る天井備え付けのエアコンなどは、よく見ると
結構恐ろしい状態だったりしますからね。

という訳で、

【当店は、しっかりとエアコン洗浄を行いました】

ので、この夏も安心してご相談にお越しくださいませ(笑)

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆