まずはこちらからご覧くださいませ

2018/04/27
【座敷童(わらし)】①
【座敷童(わらし)】それは、映画も制作された、柳田國男の【遠野物語】の中にも描かれ、主に東北、岩手県を中心に伝えられる精霊的な存在とされています。座敷または蔵に住む神であるとも言われ、いたずらを働いたり、見た者には幸運が訪れるまたは家に富をもたらすなどの伝承があると…
2018/05/07
【座敷童(わらし)】②
まずはこちらをご覧くださいませ!2018/04/27【座敷童(わらし)】①【座敷童(わらし)】それは、映画も制作された、柳田國男の【遠野物語】の中にも描かれ、主に東北、岩手県を中心に伝えられる精霊的な存在とされています。座敷または蔵に住む神であるとも言われ、いたずらを働いたり、見た者には幸運が訪れるまたは…
2018/05/09
【座敷童(わらし)】③
まずはこちらからご覧くださいませ!!2018/04/27【座敷童(わらし)】①【座敷童(わらし)】それは、映画も制作された、柳田國男の【遠野物語】の中にも描かれ、主に東北、岩手県を中心に伝えられる精霊的な存在とされています。座敷または蔵に住む神であるとも言われ、いたずらを働いたり、見た者には幸運が訪れるま…

就寝したのは0時少し前だったと思います。

とにかく色んな夢を見ていました。

それも子供が登場するシーンが多かった事を
覚えています。

2時過ぎに目が覚め、延壽の間に行ってみました。

ですが、やはり他の宿泊されている皆さんも、座敷童様
との遭遇を期待されているのでしょう。

その薄暗い、延壽の間で撮影などをされていましたので、
そこから退散し、延壽の間の横にある亀麿神社が見える
縁側でしばし佇んでいました。

30分ほどそこにいた後、部屋に戻りました。

そして、しばらくして再度眠りにつきました。

ほどなく、今までに感じた事のない感覚に襲われたのです。

最初、夢を見ているような感覚だったのですが、

こんな感じで掛布団の4隅をピンの様なもので固定され、
そのピンがどんどん深く刺さっていくと同時に掛布団が
身体の上に重くのしかかってきたのです。

そうそれは、生まれて初めて体験した、

【金縛り】

というものだったのでしょう。

恐怖感の様なものは感じませんでしたが、とにかく

【金縛りだ!!】

と感じた際に、恐らく声も出したと思うのですが、自らの
身体に力を入れた瞬間、その金縛りから解放された
のです。

今思うと、もう少しその金縛り状態を体験し続けたかった
なぁと思うのですが、なにせ初めてだったもので・・・

金縛りから解放され、電気をつけてみましたが、周囲に
特段の変化はありませんし、冷や汗をかいたとか、恐怖心
が残っているという事もありませんでした。

そして、ここからの話は、実際に見たのか、その後夢で見た
のは自分でも定かではないのですが、再度部屋の灯りを
おとしベットに入ってしばらくすると、3人の子供の姿を
見たのです。

身長は60cmくらい。

目はクリックリで大きく可愛らしいそれでした。

おかっぱ頭で、古い着物を着て、何故かそのうちの一人の
子だけその顔が真っ黒だったのです。

顔が黒い子だけ私の方を見上げていたので、その子の目線
に合わせるためにしゃがんでみたのです。

するとその、顔の黒い子と目が合った瞬間、ニコッとした満面の
笑みを浮かべた表情に変わったのです。

先程書いたように、実際に見たのか、夢の中での事なのかは
未だに自分でもはっきりしません。

その子の笑顔を見た後は眠ってしまったようで、朝を迎えました。

朝食時、ご一緒下さった方と昨晩の話をしてみました。

年配の女性で、特段霊感という様なものがあると認識されて
いる方ではありません。

その方は途中目が覚めて、おトイレに行かれたそうです。

時計を見ると、3時過ぎだったそうです。

そして、その方は、夢の中でずっと何かに、

【起きて~~~起きて~~~起きて~~~】

と言われていたそうなのです。

とはいえ、それに応えることなく朝を迎えられたそうです。

その時間である3時過ぎ。

私が金縛りに遭遇していた時間とほぼ一致するんですよね。

私が見た、(会った)3人の子供たちが座敷童様だとしたら、
その方の所に起こしに行ったものの、反応してくれないため
私の所にやって来たのか、それとも違う存在なのか、それは
分かりません。

ただ、今回3人で訪れさせて頂いたので、3人の座敷童様が
現れてくれたのでしょうか。

全ては不思議としかいいようのない体験となりました。

その後、戻ってお会いする方々にこの時の話をさせて頂いて
いました。

ある時、お話をしていて、ふと気づく事がありました。

ずっと私の中で引っ掛かっていた、黒い顔をした子供。

そう、この旅館が火事で全焼した際、亀麿神社へ着物姿の
小僧が逃げこむのを見たとの目撃情報が何件もあったのです。

であるならば、あの黒いお顔はその時の煤(すす)が付いてた
状態なのではないでしょうか。

その事を気付いてほしかったのか・・・・

おそらく、ここにはまたご縁を頂く事ができるでしょう。

その時は、あくまでスピリチュアル的に、そのお顔の煤を
祓わせて綺麗にさせて頂く事になるのだと思います。

その時が訪れる事が楽しみでなりません。