まずはこちらをご覧くださいませ!

2018/04/27
【座敷童(わらし)】①
【座敷童(わらし)】それは、映画も制作された、柳田國男の【遠野物語】の中にも描かれ、主に東北、岩手県を中心に伝えられる精霊的な存在とされています。座敷または蔵に住む神であるとも言われ、いたずらを働いたり、見た者には幸運が訪れるまたは家に富をもたらすなどの伝承があると…

緑風荘におられるという、座敷わらしは

【亀麿(かめまろ)様】

と呼ばれています。

施設内にはその亀麿様をまつる、

亀麿神社【わらし神社】

が、稲荷神社の横にまつられています。

ご神体は水晶とされています。

【緑風荘における座敷わらし伝承】

今より700年ほど前の、1300年【南北朝時代】、南朝の
武将が、北朝【足利尊氏】方との戦いに敗れ落武者となり、
大和国【現・奈良県】から陸奥国【金田一】に落ち延びました。

この時6歳と4歳の男の子がおり、金田一までの旅路で
兄の亀麿【かめまろ】は病にかかり、死の床で
【末代まで家を守り続ける】と言い息を引き取ったと
言われます。

この亀麿の霊が奥座敷【槐の間】に棲みつき家の守り神となり、
時々客人に姿を見せたり悪戯をするようになったと言い伝えら
ています。

この部屋に泊まり座敷わらしに出会えると驚くほどの幸運に
恵まれ男は出世し、女は玉の輿にのるとも言われています。

前回書いた通り、こちらのお宿は6年ほど前に火事により
全焼し、2年ほど前に再建されました。

不思議な事にその際、こちらの亀麿神社は焼失することなく、
そこへ着物姿の小僧が逃げこむのを見たとの目撃情報が
何件もあったそうです。

私のお部屋は槐の間に一番近い、

でした。

座敷童様にはおもちゃなどを持参すると良いと聞いていたので、
事前に購入したものを、部屋に入ってまずスーツケースから
取り出しました。

そこでまず1つ目の不思議な事が起こります。

私が持参したものは、

ドラえもんと、このディズニーのミニカーでした。

出発前日に近くのスーパーで購入したのですが、その際
亀麿様は男の子でしょうから、ショベルカーとヘリコプター
のおもちゃを手にしてレジに向かいました。

しかしレジの手前で、ふと違うと感じてそれを戻し、
なんとなく再度手にしたのが、ドラえもんと、このディズニー
のミニカーだったのです。

しかもそれはどちらかというと女の子向けの、ミニーちゃん
のミニカー!

スーツケースを開ける前に、ドラえもんのミニカーはしっかりと
頭に残っていたのですが、もう一つがディズニーの物だとは
意識していませんでした。

この旅館向かう途中、こんな事がありました。

ご一緒下さった方が、お孫さんとお電話をされました。

まだ小さい女の子のお孫さんからは、お土産に【プリキュアグッズ】
をお願いされたそうです。

その会話の中でご一緒下さった方が、

【ごめんね~プリキュアは無いかも~~】

とお伝えた所、お孫さんは、

【じゃあ、ディズニーでもいいよ】

と言ったのです。

普段さほど、ディズニー関連をおねだりする事はないのだ
そうです。

そして驚いたのが、まさにその会話が聞こえてきた時、
道路の左側から運転する私の目に飛び込んできたものが、

なんと、

【スピードに注意!】

の文字と共に描かれた、ミッキーの絵だったのです!!

再建された槐の間では亀麿様にお供えしたおもちゃ類は、
持ち帰らなければなりません。

ミニカーという車ですから、その中に座敷童様がお乗り
下さったのでしょうか。

ディズニーのミニカーは、一晩亀麿様の前にお供えし、
結果お孫さんに最高のお土産となったのでした。

更に不思議な事が起こります!

・・・・・・続きます・・・・・・

・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆・・・・☆